「良かったらこれ読んで下さい」と一言、二言くらいしか話したことのない女性から手紙を受け取りました。
その女性は私が仕事で何度か寄らせてもらう程度の取引先の女性です。

ブロンズ色の髪でスレンダーな人だな~と見ていた女性で、私とは縁のない方であると勝手に思っていました。まして手紙をもらうなんて想定外のなにものでもありません。
手紙を受け取った後は、「はい」とだけ伝えて、家に帰り手紙を読みました。それは何と私への想いが書かれたものでした。
そこには「もしよろしかったらお食事に行きませんか」等のメッセージとアドレスが書かれていました。とてもシンプルなものでした。
私の気持ちとしては、「マジで?」、「騙されている?」なんて頭の中で整理しようとしてもすでに興奮状態でした。
気持ちが整理できず、その日のメールできませんでしたが、翌日にメールを送りました。そこから、何通ものメールのやり取りをするようになり、彼女の想いと自分の想いがいつしか一致した感覚を実感しました。
その後は、食事をしたり、デートを重ねることでいつしかその女性は私の彼女となりました。
この話のようにどこに出会いが落ちているかは分かりません。小さな出来事も敏感にキャッチして下さい。