以前からひどり乾燥肌と敏感肌で、スキンケアには気を使い色々と試してみていました。10年ほど前にステキな50代の女性にお会いした時に聞いた

スキンケアのコツが「ハンドパック」で、早速教えてもらいそれからずっと続けています。必要なものはいつもの化粧品とあればコットン、あとは自分の手だけです。

やり方もとてもシンプル!洗顔後に化粧水や乳液をつけて、その後に自分の手のひらで顔を温めるように軽く押さえるだけです。1分程度でも効果がある感じがします。

化粧水は手でつけてもコットンでつけてもいいのですが、コットンでつけるとその後にそのコットンを顔に張り付けてコットンパックもできます。乾燥はひどい冬などは化粧水の後と乳液の後に分けて1分くらいずつハンドパックをしています。

夏の暑い時には冷房の乾燥とダブルでダメージを受けているので、化粧水はコットンパックをして涼しい部屋で少し冷やして、汗がしっかり引いたところで最後にコットンの上からハンドパックをしています。手の温かさだけでそんなに効果があるのか、と思いますが、やってみると思った以上に効果がありました。

私は低体温なので手もそれほどあたたかくないのですが、十分効果を感じられました。このひと手間を加えるだけで顔につけた化粧品が肌にどんどん入っていく感じがしますし、化粧品の効果を最大限に吸収している感じがします。

なによりも自分の肌に「お疲れさま」という優しい気持ちになれるのもいいポイントだなと思っています。

ピンキープラス