リオデジャネイロ五輪で惜しくも4連覇を逃した、
レスリング女子53キロ級の吉田沙保里選手。
その吉田選手が1日、大阪府内で関西テレビの特番
「イキザマJAPAN リオSP」の収録に参加し、2020年東京五輪出場を
最大目標に現役続行することを表明したそうです。

リオ五輪後には「次の道へ向けて」と、引退も視野に
入れていることを示唆する言葉を残していましたが
今回の収録で引退は「ないです」と明言したとのこと。
ただ本格的に東京五輪を目指すには相当の練習が必要との認識で、
「あのきつい練習を思い出したら、もうやりたくないとも
思いますよ」と覚悟を決める必要があると吐露しました。
多くの感動と素晴らしい記録を残したリオ五輪。
閉会式の「次は東京で会いましょう」のメッセージには
私も鳥肌が立つほど感動させてもらいました。
リオ五輪で吉田選手が流したのは悔し涙でしたが、
東京五輪ではうれし涙を見せてほしいなと思います。
彼女の強さを間近で見ることができる東京五輪のチケット、
きっと少なくはないはずですね。

大垣市 宅配ピザ ネット注文