子供を持っている家庭の人(主に女性)、障害者、高齢者は今の社会では働きにくいと感じます。

 

もしかして嫌われている?相手の行動と特徴

 

小さいお子さんを持っているお母さんは、受け入れてくれる保育園がありませんし、高齢者は交通誘導の警備員などしか働き口がなく、職の種類が極端に少ないのです。しかも肉体労働が多いので、高齢者にとってはかなりの負担です。

 

障害者の場合は一括りにしないで、身体、精神、知的など、その人その人でそれぞれ異なった対応が必要です。もちろん障害者以外の場合でも、各々の事情を考慮することが必要となってきます。

 
望みすぎかな?とも思いますが、案外望み過ぎではないです。皆普通を求めすぎていて、「普通ならこう就職しているよな」と自分を責めてしまいがちです。ですが、普通という概念は人によって違うはずで、もっと多様性が広がる社会になることが一番だと感じます。

 

それに必要なのは、やはり私たちの認識を変えることです。これをしてるからダメとか、こうだから良いなど、シンプルな解釈をしないことが大切だと思います。

 

Twitterなどで呟いてみるのも、良い方法かもしれません。これをしなきゃいけない、こうでなきゃならない理論を打ち負かし、小さな意識からコツコツ変えていきたいです。