昭和の時代、小・中学生の間で大いに流行っていたプラモデル作りですが、平成の世になった今、嘗ての賑わいは全く無くなってしまいました。
一つの街に、必ず何軒かあったプラモデル販売の専門店も見なくなってしまいました。

あれから40年ほど経ち、仕事の世界から退いた今、自由な時間とある程度自由になる?お小遣いを何か自分の為に使いたいと思った時、真っ先に
頭に浮かんだのが、戦車や飛行機などの精巧なミリタリープラモデルでした。

そんな思いで、秋葉原の家電量販店のプラモデル売り場を訪ねました。売り場には多くの外国人に混じって、自分くらいの熟年男性の姿もちらほら。
私もその中に入って早速戦車のプラモデルを物色し、子供の頃、高くて手が出なかったものを幾つか抱え込んで、いつの間にか支払いレジの行列に
並んでいました。

プラモデル作りは本当に良いです。戦車のプラモデルを作る場合でも、どんな戦場で活躍した戦車なのか?どんな性能なのか?戦争のことを知る為
歴史のことも調べたりします。

作る楽しみ、飾って眺める楽しみ、一つのプラモデルを買えば数週間から数ヶ月は楽しめます。
これから好きなだけ作れると思うと、わくわくです。”