断食というと飲食を断つ修行と思われがちですが、最近ではダイエットや健康のために行うプチ断食なども流行っています。ですが、プチ断食を間違えた方法で行ってしまうと、身体に大きな負担をかけてしまい、健康を損なってしまう危険性があります。断食はちゃんとした知識がないとだめです。ではどのように行えばよいのでしょうか?

まず断食を行うためには準備が必要です。これから断食を行うということを体に知らせるために、1日をかけて少しずつ食べる量を減らしていきます。その翌日から断食を始めることになります。ただ断食の場合には、水分の摂取はしっかりと行い、さらに必要な栄養素はしっかりと補うことが必要です。ただ、固形物を食べるのではなく、液体から栄養を補給するようにします。

この時に便利なのが酵素液です。植物の栄養素がたくさん含まれた酵素液は、人が生きていくために必要な栄養素が数多く含まれています。断食中はこの酵素液を主な栄養源として、あとはしっかりと水分を摂取して過ごします。自宅で行う断食は1日~2日くらいを目安にします。これ以上はいくら酵素液を飲んでいても栄養不足に陥ってしまいますので危険です。

断食明けの日は徐々に胃を活動させるために消化の良いものから食事をはじめ、1~2日かけて通常の食事に戻していきます。